ホーム 院長あいさつ 診療内容 医院紹介 アクセス お問い合わせ
 
 
スポーツマウスガードはスポーツを行う際に発生する顔や口の怪我(外傷)を防ぐ装置です。外力からの衝撃を和らげ、怪我から守ってくれます。
ラグビー、アメリカンフットボール、ボクシングなどマウスガードの着用を義務付けられているスポーツだけでなく、野球やサッカー、バスケットボールでも使用されることが多くなっています。
   
スポーツマウスガードの装着は選手のもつ本来の運動能力の発揮に役立つものであり、その向上を目的とすることはドーピングに繋がるおそれがあるのでご注意ください。
 
日本では習慣的にいびきをかく人は2000万人以上、睡眠時無呼吸症候群の患者数は300万人以上と推定されています。顎・喉・顔の形態、歯並び、肥満を原因として発症します。
治療方法は、CPAP(鼻にマスクをつける方法〈呼吸器科〉など)、スリープスプリント(マウスピースをつける方法〈歯科〉など)があります。スリープスプリントを装着することでいびきの発生を防ぎ、ぐっすり眠ることができるようになります。
   
歯科だけでなく医科での診断や治療が必要となる重症の場合もあります。その場合には当院で紹介させていただくことができます。
 
歯ぎしりは性別や年齢に関係なく発生する症状です。歯ぎしりにより朝、目が覚めた時に鈍い頭痛や歯痛、顔の痛みなどが感じられることがあります。さらに、歯のエナメル質を磨耗したり、歯をグラグラにしてしまうこともあります。
睡眠中に発生する歯ぎしりを防止する方法として、睡眠中にナイトガードの装着を行います。患者様の上顎歯と下顎歯にぴったりとフィットし、歯ぎしりの原因となる接触を防ぎます。
 
このページのトップへ↑
ホーム   院長あいさつ   診療内容   医院紹介   アクセス   個人情報について   リンクス   サイトマップ   お問い合わせ
〒158-0097 東京都世田谷区用賀3-18-8 セントラルSOUIビル1F TEL.03−3709−6644
Copyright © Ohta Dental Clinic All Rights Reserved.